訪問入浴「やさしい手」

在宅介護 やさしい手


やさしい手トップ >  訪問入浴「やさしい手」 >  にゅーよくたいむず

にゅーよくたいむず

12号~行ってきました in 上野 ~

第12号の今回は、やさしい手訪問入浴サービスをご利用のお客様の皆様が誰もが一度は行った事があるかと思います、『上野』の名所に行って参りました!

上野の有名地と言えば!!

アメ横、上野公園、不忍池、そして上野動物園等、独特の雰囲気がある街で、かつては北の玄関口であり、戦後闇市があった郷愁が今も残る場所です!

そして今回やさしい手訪問入浴メンバーが取材した上野の名所は!

①寛永寺
寛永寺は、寛永二年(1625)慈眼大師天海大僧正(じげんだいしてんかいだいそうじょう)によって創建されました。徳川家康、秀忠、家光公の三代にわたる将軍の帰依を受けた天海大僧正は、徳川幕府の安泰と万民の平安を祈願するため、江戸城の鬼門(東北)にあたる上野の台地に寛永寺を建立したそうです!

②鴎外荘
森鷗外は、「舞姫」「雁」「阿部一族」「高瀬舟」など、今も読み継がれる数々の名作を生み出した明治の文豪。幕末の津和野藩に御典医の息子として生まれた鷗外は、幼少時代から学業優秀、神童と呼ばれて育ちます。19歳8カ月という若さで東大医学部を卒業、陸軍軍医となり、ドイツへ留学し、帰国後、28歳の時に、海軍中将赤松則良の長女登志子と結婚し、上野花園町の赤松家の持家に住みます。それが今回取材した鷗外荘!ここで「舞姫」をはじめ、「うたかたの記」「於母影」などの作品が執筆されたそうです☆

③上野恩賜公園
上野駅公園口を出てすぐ!もともとは、寛永寺も敷地でしたが、明治時代に寺領が縮小され、文部省用地となり、その後、上野の山は日本最初の公園となったそうです。
上野公園と言った方が分かりやすい方もいらっしゃいます。アメ横の喧騒とはうらはらに、緑ゆたかな広い公園です。東京でも人気の花見スポットで、上野公園の桜は有名です!そして、皆様1度はご覧になった事もあるかと思います、西郷隆盛像!この銅像は明治31年の建立で上野公園のシンボルともなっています。

④不忍池
上野公園の隣にある池で、特徴は池の真中に弁天島があり、不忍池弁財天が祭られています!池のススキとその向こうにあるビルはとても印象的でした^^

⑤下町風俗資料館
不忍池のほとり(アメ横近く)にある下町風俗資料館へ!昔の長屋の復元や江戸、明治、大正の庶民生活の移り変わりなど興味深い展示品を見る事が出来ます!

⑥黒船亭
『不忍池』のほとりのある『洋食 黒船亭』は、1902年から続く歴史ある洋食レストランです               !かつては、あの有名なジョン・レノン夫妻もその味を求めて足を運んだといわれるほどの名店として知られています♪

そんな、文化人や、政治家等、名だたる著名人が、訪れが歴史ある上野より、やさしい手訪問入浴事業部一同、爽やかにお届けに参ります!!

11号~行ってきました in 鉄道博物館 ~

第11号の今回は、やさしい手訪問入浴サービスをご利用のお客様の皆様が青春時代に誰もが一度は乗ったことのある(?)^^

新幹線・鉄道を取材して参りました!今回の取材場所は埼玉県さいたま市大宮駅近くにあります、『鉄道博物館』です☆

『鉄道博物館』は、鉄道システムの変遷を、車両等の実物展示を柱に、それぞれの時代背景等を交えながら、産業史として物語る「歴史博物館」として位置づけられており、鉄道の誕生から、特に高度経済成長期に開通した、『新幹線』など、皆様にとって、馴染みの深い鉄道や、列車、蒸気機関車等、多数展示されており、取材メンバーも、時代の遍歴と共に、発展した鉄道文化を学ぶ、大変勉強になる機会となりました。

そんな皆様にとって、馴染み深い鉄道を、今号からやさしい手訪問入浴事業部新メンバー3名が、お客様の皆様に更に楽しんで頂ける、『にゅーよくたいむず』を目指し、取材に行ってきました^^

新メンバー3名と、やさしい手訪問入浴事業部一同、爽やかにお届けに参ります!!

10号~行ってきました in 高尾山 ~

第10号の今回は、6月より梅雨の時期を迎え、いよいよ暑くなる季節の前に、皆様1度は登った事があるかと思います、『高尾山』に、にゅーよくたいむずメンバー4名で登山に行って参りました!☆

今号のテーマは『清涼感や癒し♪』を感じて頂きたい!です★

高尾山と言えば、、標高は599m、数多くの建物や文化財を有する高尾山薬王院の他、サル園・野草園が楽しめる人気スポットです!

東京都心から電車で約1時間で行くことができる交通アクセスの良さや、ケーブルカーなどを使って気軽に登山できることから、老若男女問わず登山者数が多く、年間の登山者数は約260万人を超え、世界一の登山者数を誇るそうです!

そんな日本一登山者数が多い、高尾山より初夏の訪れを前に、清涼感と癒しをお届けしたい!の気持ちで、やさしい手訪問入浴事業部一同、爽やかにお届けに参ります!!

9号~行ってきました in 伊豆・伊東 ~

第9号の今回は、そろそろ春の気配を感じるこの頃、3月から4月は卒業式や、入学・入社式のシーズンで、だんだんと暖かさも感じてきます^^

春の訪れを感じるものと言えば・・・桜!
今回は、いち早くお花見ができる、伊豆・伊東へ行ってきました♪

伊豆・伊東は日本一桜の開花が早い地域として、知られています☆

そんな日本一早い桜を、今号からやさしい手訪問入浴事業部新メンバー3名が、更にお楽しみ頂ける、にゅーよくたいむずを目指し、取材に行ってきました^^

春の訪れを新メンバー3名と、やさしい手訪問入浴事業部一同、爽やかにお届けに参ります!!

8号~行ってきました in 両国

第8号の今回は、お茶の間の定番!?の相撲特集ということで、両国へ行ってきました!
会場入り待ちを初体験し、身体の大きさに終始圧倒・・・でした。

そしてなんと、相撲部屋へ突撃取材も実行!
臨場感、伝わりますでしょうか?

相撲が好きなお客様も多く、色々お話ししながらお風呂の時間を楽しんで頂けているみたいです♪

さて、次はどこに行こうかな・・・お楽しみに☆

7号 ~行ってきました! in 銀座 ~

今回は、オリンピックメダリストパレードで賑わった銀座に行ってきました。
ぜひ、銀ブラ気分を味わってください♪

トピックスは、今年で102歳を迎えたお客様の紹介です!
これからもお風呂で温まってくださいね♪おめでとうございます。

6号~行ってきましたin小江戸川越~

訪問入浴事業部の機関誌「にゅーよくたいむず」です。
今回は、朝の連続ドラマ小説でも注目された川越に行ってまいりました!

街中には懐かしの丸ポストやレトロな建物が点在し、昭和にタイムスリップした気分になれます。皆さん、外出の機会にいかがですか?

今回訪問した菓子屋横丁にちなんで、好きだった駄菓子や川越にまつわるエピソードを募集します。また、「●●を特集してもらい!」という場所やモノがございましたら、どしどしご意見ください♪

5号~行ってきましたin浅草~

3ヶ月に1回発行される機関紙「にゅーよくたいむず」です。
今回はお客様との会話の中で話題にあがることの多かった浅草へ行って参りました。

「にゅーよくたいむず」には、お客様に懐かしの場所を思い出して楽しんでいただきたい!元気になって外出の機会としていただきたい!と言う気持ちを込めています。

次回も皆様の思い出の地へ足を運び、皆様に元気をお届けしたいと思っています。
素敵なエピソードをお待ちしています♪

4号~行ってきました 国際福祉機器展inビッグサイト~

3ヶ月に1回発行される「にゅーよくたいむず」です。
今回は年に1回東京ビッグサイト開催される、国際福祉機器展へ行って参りました。

世界各国の福祉機器が集結し、普段あまり目にすることのないようなものもたくさんありました。体験コーナーや休憩スペースも充実しており、楽しく見学できました。

会場付近はバリアフリーとなっており、車椅子でも安心して足を運ぶことができます。
皆さん、外出の機会にいかがですか?

3号~季節イベント案内~

にゅーよくたいむずは、3ヶ月に1回発行される機関紙です。

今回は、年間実施イベントのご案内です。
今年も楽しいイベントをご用意しています。お風呂に入りながら、季節の移り変わりを楽しんでください。

イベント内容は…お楽しみに!!

メールフォーム 求人へ応募する 資料請求する 問い合わせする