介護の事例

在宅介護 やさしい手


やさしい手トップ >  介護の事例 >  ショートステイのご利用事例

ショートステイのご利用事例

自信をつけて在宅復帰・89歳女性・要介護度3

【ご利用者の情報】
[疾患]
左恥骨骨折(5年前)・右大腿骨転子部骨折(7年前)・
左大腿部頚部骨折(10年前)
[既往症]
認知症・高血圧症・慢性腎不全
[ご本人・ご家族の希望]
●ご家族:同居時、暴言・暴力により介護が難しくなった
様々な方に助けていただき、一人で生活するようになったが、転倒が心配
ショートステイご入居により、安心して暮せるようになって欲しい
●ご本人:安心・安全に暮らせ、いろいろな人と関わりが持てるようになりたい
今はベッドでの生活が主ですが、一人で歩けるようになりたい

【背景と課題】
●ご家族の介護困難 
●健康状態、危機管理不足
●歩行状態の安定 
●コミュニケーションの場の提供

【わたし達の想いとご提案内容】
●24時間有人管理により、健康状態・危険管理をします。
●定時サービス訪問・介護サポートによる状態観察、福祉用具・リハビリ等の提案をさせていただきます。
●コミュニケーションの場の提供して、アクティビティへの参加を提案をさせていただきます。


メールフォーム 求人へ応募する 資料請求する 問い合わせする コンサルティング事業にお問合せする