在宅生活支援(相談&見守り)

在宅介護 やさしい手


やさしい手トップ >  在宅生活支援(相談&見守り) >    ➡ご利用事例 【ご本人編】

  ➡ご利用事例 【ご本人編】

ご利用者からのご相談と解決事例

在宅生活支援サービスの相談員が皆様と共に様々なお困りごとを解決します。
下記事例のように日常生活における小さなつまづきを見つけ、ひとつずつ改善するお手伝いをさせていただきます。

お困りごと事例 (1)針の穴が見えない 趣味を諦める?

手芸が趣味だったが目が悪くなってきたことにより、針の小さな穴が見えにくくなってきた。裁縫道具に入っている「糸通し」では、もう小さ過ぎて使いにくいため、手芸を諦めようかと思っていた。(75歳女性)

【相談員の対応】
相談員がインターネット等で解決策を模索。卓上型の「自動糸通し器」という商品をみつけご紹介。趣味活動の継続が可能となった。

お困りごと事例 (2)食事をつくる気になれない・・・

日々疲れが出てきており、食事を作る気になれない。そのため徐々に食べる量が少なくなってきており、体力が減退してきた。(74歳女性)

【相談員の対応】
相談員が近隣の配食会社の資料を取り寄せご提案し、配食サービスのご利用を始める。

週に数回だけでも調理せずに済むようになったため、精神的負担・お身体の負担の両方が軽減された。また食事の栄養バランス面も改善された。

お困りごと事例 (3)趣味をはじめたい

何か趣味を持ちたいとは思っていたものの、なかなか一歩踏み出せずにいた。
しかし相談員と話しをしているうちに、絵画教室に通いたいと思い始めた。(73歳女性)

【相談員の対応】
相談員がご利用者に合いそうな絵画教室を探してご紹介。新たな趣味活動を始めることができた。

お困りごと事例 (4)ICカード乗車券?どう使う?

電車やバスに乗車する際、毎回料金を支払うのが面倒でもたつく。ICカード乗車券を購入して使いたいが、方法が良く分からない。最近、駅に駅員がいないので誰に聞けば良い分からない。(80歳男性)

【相談員の対応】
相談員が発券機や自動改札の利用手順についてのマニュアルを作成(事前に資料写真等を用意)。
ご本人自らがICカード乗車券を購入、利用できるようになった。

お困りごと事例 (5)家事代行を頼むほどではないが・・・

マットレスをひっくり返したいがひとりでは難しい。そのためだけにわざわざ家事代行サービスを頼むほどでもない気がする。(73歳女性)

【相談員の対応】
相談員の定期訪問時に、マットレスのひっくり返しを一緒にお手伝いさせていただいた。

お困りごと事例 (6)行政からの手紙、何が書いてあるのかわからない・・・

行政から届く手紙に何が書いてあるのか分からなく、不安が募っている。
誰かに読んで説明してもらいたい。(87歳男性)

【相談員の対応】
手紙を代読し、返信が必要なものかどうか分かりやすくお伝えする。

お困りごと事例 (7)その場で調べて、すぐ解決

電車を利用して外出したいが、乗継等が難しく諦めている毎日。
目的地までの電車の乗り継ぎ、行き方を教えてもらいたい。(79歳女性)

【相談員の対応】
手持ちのiPadにて直ぐに検索。電車の乗り継ぎ場所・時刻表・歩行時の最短ルートをお知らせする。
また外出日まで日にちがあったため、説明したルートをプリントアウトしてお渡ししたところ「安心して迷わず行けた」と喜んでいただく。

お困りごと事例 (8)もっと身体を動かしたい

介護保険の認定が下りていないが、デイケア(リハビリ)に行って身体を動かしたい。(77歳女性)

【相談員の対応】
各機関に問い合わせを行う。近隣に自費対応のデイケアはなく、また市区町村独自の予防サービス対象者にも該当しなかったため、高齢者受け入れをしている地域のトレーナー有りの体育館・ジム・NPO団体の体操教室をご紹介。
週3回通われ、自信がついてきている様子。

お困りごと事例 (9)エアコンが効かないなど、ちょっとした問題

エアコンから冷たい風が出ず、すぐに止まってしまう。(72歳女性)

【相談員の対応】
エアコンを見させていただくと本体部分にランプが点滅しており、正常に稼働していない状態であった。
取扱説明書を確認し、故障の可能性が高いと判断。管理会社に連絡し修理手配を行う。
翌日には修理対応を終え、夏場を快適に過ごせた。

お困りごと事例 (10)IH? どうやって電気で魚を焼く?

IH調理器の使い方が分からないので教えて欲しい。特に魚を焼くためのボタン操作が良く分からない。(75歳男性)
【相談員の対応】
取扱い説明書に目を通し、一緒に操作しながら使用方法を確認。
ご自身が日頃調理される方法(切り身を焼いたり、姿焼きを作る等々)に合わせ必要な手順をメモに記載しお渡しした。その後、生活に支障なくIH調理器をご使用されている様子。

お困りごと事例 (11)地域のサークルをさがしたい

歌を歌うのが好きだが、そういう機会がなく残念。誰かと一緒に歌を歌いたい。
できれば童謡を歌いたい。(78歳女性)

【相談員の対応】
地域の童謡サークルを探し、ご紹介する。

お困りごと事例 (12)車椅子のストッパーがかからない

車椅子に乗っているがリウマチのため、指に力が入らずストッパーがかけられない。(84歳男性)
【相談員の対応】
ストッパーの長さを調節することで腕の力でストッパーをかけられるようになり、安心して室内で車椅子での移動が可能となった。

お困りごと事例 (13)面倒な手続きもお手伝い

季節の変わり目に体調不良により体力が低下。外出先で転倒することがあった。
日常生活上では入浴の際、浴槽のまたぎ・立ち上がりに不安と身体的な辛さが出てきた。
またひざに痛みがあり、しゃがんで行う動作にも辛さを感じ、心配が絶えないと困っている。(85歳女性)
【相談員の対応】
日々の変化をいち早く察知。浴槽手すり・浴槽台をお勧めしたところ購入希望があり、行政独自のサービス(福祉用具1割負担購入)と介護保険の申請について説明。介護保険の申請希望があったため、手続きの支援を行い、要支援1と認定される。その後、業者選択支援を行う。
ひとりではできない面倒なことを全てやってもらい、家族にも負担をかけずに済み有難かったとのこと。
現在は訪問介護サービスを利用され、掃除を一緒に行っている。安心してご生活されている様子。

お困りごと事例 (14)どこで売っているのかわからない歌謡曲CD

車椅子での生活で口数が少なくなっている状況。青春時代の古いCDをまた聴きたいと思っているが、どこで購入できるか分からない。ご家族に頼んでいるが、忙しく時間がかかりそう。(75歳男性)

【相談員の対応】
相談員がインターネット通販サイトでCDを購入しご自宅へご郵送させていただく。
当時の記憶がよみがえり、懐かしい気持ちで毎朝楽しく歌っているとのこと。

メールフォーム 求人へ応募する 資料請求する 問い合わせする