在宅介護 やさしい手

プレスリリース

報道関係者各位

2016年 7月吉日

株式会社やさしい手

2016年10月埼玉県さいたま市にサービス付き高齢者向け住宅

「グランドマストやさしえ宮原」を開所

 株式会社やさしい手(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:香取幹、以下「やさしい手」)は、このたび積和グランドマスト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小山健、以下「積和グランドマスト」)と共同事業によるサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)「グランドマストやさしえ宮原」(埼玉県さいたま市)を2016年10月に開所いたします。
 やさしい手は、「グランドマストやさしえ宮原」の運営を受託し、併設する介護事業所から入居者及び近隣のお住まいの方々へ介護サービスを提供、さいたま市の在宅生活を支えてまいります。
 やさしい手と積和グランドマストの共同事業は、平成27年9月に開所した「グランドマストやさしえ都賀」、平成27年11月に開所した「グランドマストやさしえ川口三ツ和」、平成27年11月に開所した「グランドマストやさしえ市川行徳」に続き、4棟目の取り組みとなります。
 また、隣地にはアクティブシニア向けのサービス付き高齢者向け住宅「グランドマストアクティブ宮原」が開設し、2棟にて自立の方から中重度の方まで、幅広い層の入居者をお受けしてまいります。
(グランドマストアクティブ宮原の開設予定は2016年9月です。)

住み慣れた地域で安心の住み替えをご提案

 「住み慣れた地域で暮らしたいが医療処置や介護が必要となり、在宅での生活が困難」と考える方々へは、グランドマストやさしえ宮原(以下、やさしえ宮原)を、「介護を受けるほどでもないが、何かあった時に1人では不安」と考えるアクティブシニアの方々へはグランドマストアクティブ宮原(以下、アクティブ宮原)をご提案致します。 
 アクティブ宮原では、今までの自宅と変わらない生活を営むことのできる広い面積の住戸となっており、ご夫婦でもゆったりと過ごす事ができます。また夜間帯はやさしい手宮原巡回訪問介護事業所の介護スタッフが緊急対応を行います。
 そのため、アクティブ宮原のご入居者へも、定期的にやさしえ宮原のスタッフが健康相談を行い、ご入居者情報を把握し、万が一の時には、顔見知りのスタッフが駆けつけてくれるという安心を提供する事ができます。
 また、健康相談を通して、体調や身体の変化を早期に発見し、都度必要なサービスをご提案する事ができ、より長く、アクティブ宮原での在宅生活を継続することができます。
 そして、サービスを利用しながらアクティブ宮原で生活していく中で、医療処置が必要になったり介護状態が悪化した時には隣接したやさしえ宮原に住まいを変え、24時間の介護サービスと、医療ケアを受けながら継続して住み慣れた地域で最期まで生活することが可能になります。
 このように、自立時から要介護状態、更には、終末期に至るまで、住み慣れた地域での生活をお支えして参ります。

「在宅生活継続」「在宅復帰」「退院支援」実現を目指して

 グランドマストやさしえ宮原では、地域包括ケアが目指す高齢者の「在宅生活継続」を実現するため、急性期病院の回復期病棟等に入院されている重度の要介護状態の方や医療依存度の高い方であっても安心して「在宅復帰」が果たせるよう、住宅・介護・医療の連携で、積極的な「退院支援」を行ってまいります。
 やさしい手では「在宅生活継続」のためには、利用者個々の状態に適したサービス提供が必要と考えます。利用者の身体状況及び疾患のアセスメント情報に基づき、当社の看護師・ケアマネジャー・サービス提供責任者・計画作成責任者、連携医療機関の医師といった複数の介護・医療の専門職が協議し、「利用者個別援助計画」を作成いたします。また、利用者の経年の状態変化に応じて都度「利用者個別援助計画」の見直しを行い、常に最新の計画に基づいたサービス提供を行ってまいります。

さいたま市における長年の在宅介護サービス提供実績

 やさしい手はさいたま市において、2000年の介護保険制度施行時より「大宮店」(さいたま市大宮区 2000年8月開設)、「浦和北店」(さいたま市浦和区 2005年5月開設)を拠点に、訪問介護サービスを提供してまいりました。全国的に訪問介護サービスのニーズが伸び悩む中、利用者数は順調に拡大し、現在700名余りの利用者数となっています。市域中心部の拠点から、ほぼ市内全域をカバーしてサービス提供を行なってまいりました。
 さいたま市130万人の人口は今後も漸増の見通しですが、高齢者人口は大幅に増加し、2016年現在22%の高齢化率は2025年には24%となることが見込まれています。市内の各地域ニーズに対応し、「2020さいたま希望(ゆめ)のまちプラン」(さいたま市総合振興計画後期基本計画)に掲げられた地域包括ケアの理念を実現し、さらなる利用者拡大を図るため、2016年5月に「センチュリーテラス白鍬」(さいたま市桜区)、2016年8月に「ディーフェスタ東大宮」(さいたま市見沼区)を開設し、2016年10月にさいたま市では3棟目となるサ高住「グランドマストやさしえ宮原」を開設することとなりました。

 

ITシステムを活用した効率的なサービス運営と入居者情報の電子カルテ化

 弊社では、ITシステムを導入した効率的な職員のルート・シフト管理を活用し、効率的な事業運営を実現しております。また、各住居に設置してあるケアコール端末により、緊急時のご要望にも24時間365日対応が可能です。さらに、職員がITシステムに記録した日々の「介護電子カルテ」を通して、入居者自身への情報提供はもちろん、インターネットを通じてご家族やケアマネジャー、医師、看護師といった関係機関へリアルタイムに情報を提供することができるため、ご家族や関係機関との活発なコミュニケーションが実現されます。

〔ITシステムの機能概要〕
・ サービス提供の効率化を実現した職員のルート・シフト管理システム
・ 各住居にケアコール端末を設置し、緊急時のご要望にも24時間365日対応可能
・ サービス計画書およびサービス記録の介護電子カルテ化
・ サービス記録をご本人・ご家族・事業者間に提供することによる効率的な情報共有と連携

積和グランドマストについて

 現在全国に20万戸を超えるサ高住がある中、約8割のサ高住の居室面積が30㎡未満となっており、介護認定を受けていない元気な高齢者の方が住むには18㎡~30㎡の居室面積は狭く感じる方が多く「自分にはまだサ高住は早すぎた」と自宅に戻るケースも少なくありません。
 積水ハウスグループの積和グランドマストが運営するグランドマストシリーズは概ね居室面積35㎡以上を確保し、アクティブシニアの方々に安全・安心、快適な暮らしを提供しています。

「グランドマストやさしえ宮原」概要

所在地:埼玉県さいたま市北区宮原町1-697-2
交通:埼玉新都市交通伊奈線ニューシャトル「東宮原」駅より、徒歩7分
賃料(月額):54,000円~60,000円
共益費(月額):15,000円
生活支援サービス費(月額):23,760円(税込)
食事サービス費(月額):48,600円(税込)
構造規模:軽量鉄骨造・地上2階建
施工:積水ハウス株式会社
貸主・運営委託:積和グランドマスト株式会社
運営受託:株式会社やさしい手
類型:サービス付き高齢者向け住宅
契約形態:普通賃貸借契約
住戸数:40戸
居室面積:18.64㎡~19.54㎡
入居開始日:2016年10月1日(予定)

お問い合わせ

【本件に関するお問い合わせ先】
グランドマストやさしえ宮原
TEL:0120-885-082(コールセンター)

【取材に関するお問い合わせ先】
株式会社やさしい手 広報室 関川、増山
TEL:03-5433-5648 e-mail:sales_promotion@yasashiite.com

メールフォーム 求人へ応募する 資料請求する 問い合わせする