居宅介護支援

在宅介護 やさしい手


やさしい手トップ >  居宅介護支援 >  介護保険とは?

介護保険とは?

介護保険制度について

介護保険制度とは、介護を必要する方々を社会全体で支える社会保険方式の公的な制度です。

市町村が保険者、40歳以上の国民の方が被保険者となり、社会で介護を必要とする方を支えている仕組みです。ご利用になりたい方は、介護保険を申請し、要介護認定を受けます。要介護認定の結果、受給する基準をみたしていれば、ご利用が可能です。

介護保険制度をご利用できる方

介護保険のサービスを受けることが出来るのは、第1号被保険者(65歳以上)や、特定の疾病によって介護が必要な第2号被保険者(40~64歳)になります。

〇第1被保険者
 65歳以上で介護や支援が必要になった方
〇第2被保険者
 40歳以上64歳以下の特定疾病により、介護や支援が必要と認定された方

介護保険サービスを利用するには

介護保険サービスを利用するにはまず市区町村で申請しましょう。

要介護と認定されたら居宅介護支援事業者を決定し、ケアマネジャーと相談のもとプランを作成、サービスがスタートします。
要支援と認定された方は市区町村の地域包括支援センターで相談のもとプランを作成し、介護予防のサービスがスタートします。
介護保険サービスの種類はこちらから
介護保険サービスの種類はこちらから
 

介護保険の保険証は大切に保管しましょう

介護保険のサービスを受けるときなどに介護保険の保険証が
必要になります。

●65歳以上の方は
 65歳になる前の月に交付されます。(65歳到達は誕生日の前日です)
●40 〜64歳の方は
 要支援・要介護認定を受けた方に交付されます。

【保険証が必要なとき】
 ・要介護認定を申請(更新)するとき
 ・ケアプランを作成するとき
 ・介護サービスを利用するとき  など

ケアマネジャーの役割

●要介護認定の申請代行
●ケアプランの作成
●介護サービス事業者との連絡調整
●サービスの再評価とサービス計画の練り直し など
ケアマネジャーって何をしてくれる人? 詳しくはこちら
ケアマネジャーって何をしてくれる人? 詳しくはこちら
 

メールフォーム 求人へ応募する 資料請求する 問い合わせする