介護の事例

在宅介護 やさしい手


やさしい手トップ >  介護の事例 >  訪問介護のご利用事例

訪問介護のご利用事例

インシュリンを過剰摂取してしまう・80歳女性・要介護度3

【ご利用者の情報】
[疾患]糖尿病・リウマチ  
[世帯区分]独居。他区に長女家族あり
[通院等]月1回、総合病院に定期受診 
[ご本人・ご家族の希望]  
ご本人:自分でできるうちは自分でしたい。今の生活を続けたい
ご家族:本人の望むようにさせたいが他者に迷惑はかけたくないと、いつも心配している

【背景と課題】
●解決したい課題
インスリンの自己注射をしているが、心配症な性格とリウマチによる手の震えもあり失敗することがよくある。その際にもう一度注射するため過剰投与となり自宅・デイサービスで意識を喪失する事例が起きている。過剰投与をなくし適切に管理したい。
●カンファレンスからの解決策
自己注射でなく錠剤を服用する方法だと、失敗もなくなり残薬も目視で確認できる。 注射を続ける場合、1回の投与設定を減らす方法などをケアマネジャー・ご長女にご提案。

【その後、現在の状況】
ケアマネジャーに現状をふまえ解決策を伝え、その後、ケアマネジャーよりご本人・ご長女へご提案。 主治医とも相談の結果、1回の投与量を減らすことに。
現在は過剰投与による不安もなく、安定した生活を送られています。
※問題意識を高め具体的な解決策を提案できたことで、ご本人・ご家族ともすぐに行動を起こしていただけ、「安全に在宅生活を続けたい」という希望に添えることができました。

ターミナル対応・87歳女性・要介護度5

【ご利用者の情報】
[疾患]肋骨骨折・パーキンソン病 
[世帯区分]独居、一人娘が近県在住。住宅環境:アパート1F
[ご本人・ご家族の希望]  
元気になったら故郷の山に登ることが目標。ご本人は他人の意見は聞き入れない意志の強さがある

【サービス開始当初】
ベッドからの転落で骨折し、身体的に一人での生活が困難となる。 ADL:立位・歩行・座位不可のためベッド上での介助。会話は成立するが人の好き嫌いが著しい。 固形物摂取拒否が強く、エンシュアと水分が栄養源となる。当初は排泄介助にも拒否がありパットを交換することも難しかったが、嫌な顔されながらも1日3回ヘルパーが訪問。

【訪問看護・介護の連携】
在宅での最期をご希望される。
訪問介護導入と並行し、訪問看護・診療もサービス開始した。
人見知りのため、導入時は介護・看護とも好意的には受け入れられず。 特に、看護師に対しては拒否が強く、清拭・洗髪ができなくなっていた。
その頃は、1日3回顔を見せるヘルパーに対しては、拒否はなくなっていたので、清拭・洗髪・傾聴は介護にサービスに移行できるよう連携をとっていった。
また、ご逝去前の体調の変化の際には、看護師が必要に応じ訪問した時に備え、詳しい状況をやりとりできるノートを活用した。

【考察】
サービス開始2年目の時点でターミナル宣告を受け、医療との連携について考えさせられたケースでした。
看護師と対面で話す機会がほぼないため、ケアマネジャーを通じて、または電話や共用ノートを活用して連携をはかっていきました。
このように他職種連携により医療依存度の高い方でも最期まで在宅での生活が可能となりました。

老々介護の在宅生活の継続を考える・78歳女性・要介護度4

【ご利用者の情報】
[疾患]関節リウマチ    
[世帯区分]高齢者世帯        
[ご本人・ご家族の希望]
自分のことは自分で行いたい(家事含む)

【背景と課題】
●深夜に転倒・打撲。週2回訪問看護にてリハビリ(歩行器にて歩行訓練)。ご主人が週一でオレシア皮下注射を行う。
●排泄介助はヘルパーが行なっている。生活面はご主人がされているが辛いと感じている。
●通院は介護タクシーを利用し、ご主人が介助しているが、ご主人は負担による疲れから介護力の低下がみられる。

【私たちの想いとご提案内容】
●介護者が男性ではあるが老々介護なので、通院を訪問診療に切り替えて、ご本人・ご主人の負担軽減をしたい。
●ご希望通り在宅生活の継続をできるようにしたい。

【提案後のサービス状況】

【考察とこれから…】
●週3回のリハビリ(訪問看護)を意欲的に行っており、歩行でトイレまで移動することが当面の目標。
●ご主人の介護負担軽減のため、ショートを使ってのレスパイトケアといったサービスを提案。

医療受診を拒否されたケース・86歳女性・要介護度4

【ご利用者の情報】
[疾患] 高血圧症・本態性振戦・狭心症
[主な症状] 関節痛・末梢神経のしびれ・倦怠感

【背景と課題】
●病院に行かず、薬の処方はされていない
●便のコントロールが上手くいかず便秘ぎみで、市販の便秘薬を通常より多く飲み、下痢ぎみになることもある
●ご本人は弱い姿は見せたくない
●お身体に異変がない限りは病院を受診しない 

【ドクターからの提案】
●便秘の原因分析の必要がある(食事・運動量・いつ服薬されているか等)
●便秘だけでは本人の医療位置づけの必要性は薄いであろう

【提案後のサービス状況】
●ご本人が在宅診療の必要性を認識された時点で在宅診療を提案する。
→お風邪をめしたタイミングなどで在宅診療をお勧めし、納得していただいた上でスタートする
●医師の助言により市販薬をやめ、適正な薬を出してもらい下痢はおさまる
●便秘の原因分析のため、サービス時の献立・食事・水分摂取量を細かく確認する

【考察とこれから…】
●元々便秘がちなので訪問時に便のチェックをするようにします

薬剤整理により体調がよくなられたケース・78歳女性・要介護度1

【ご利用者の情報】
[現在の疾患] 高血圧・認知症・自律神経失調症・骨粗鬆症
[主な症状] 認知症から薬を多く飲んでしまうことがあり、体調不良・転倒がある

【背景と課題】
●お薬は息子様がご用意し、毎回の服薬管理はご本人がされている
ヘルパー訪問時に服薬確認を行うが、飲み忘れや、逆に多く飲んでしまうことがある
●仏壇のご主人の写真がわからなくなったり、会話の中で息子様・旦那様・お兄様の区別がつかなくなってしまうことがある

【ドクターからの提案】
●13種類ものお薬を服薬されているので、薬剤整理が必要(何ヵ所も病院に通っているので薬がたくさん出ている)。できれば薬局を1ヶ所に統一する方がよい。
●朝昼夕の内服時間の整理が必要。3回分の薬袋を色分けをしたらどうか。

【提案後のサービス状況】
●ご通院から、訪問診療へ変更。
→当初は13種類も服薬されていたが、医師のお薬調整により9種類に減る
●薬袋を朝昼夕で色分けすることにより、ご本人も間違えず、ヘルパーも飲み忘れ・飲みすぎの判断がつきやすくなる
●薬剤整理ができ、適切な量を服薬することにより、体調もよくなり転倒することがなくなった

【考察とこれから…】
認知症の進行度合いを要観察します。

ご利用者の在宅生活を支える・79歳男性・要介護3

【ご利用者の情報】
[疾患]大腸がん(手術済)・腸閉塞・神経因性膀胱・痙攣発作
現在、めまいの訴え頻繁にあり
[世帯区分]独居。市内に別居長女家族あり。ご長男と妹様も都内に在住
[通院等]月1回、病院に定期受診。ヘルパー同行(血圧の薬など処方される)
私大病院の精神科を受診、脳血管MRI等の検査を受ける(検査結果待ち)

【背景と課題】
●小刻み歩行・歩行不安定・幻覚が見える(ご本人談)
●下剤(ラキソベロン)をご本人がコントロールをされているので便秘・下痢がある
●入浴時の血圧を過剰に気にされ、事業所に頻繁にお電話いただくことがある
●2年前の夜間、幻覚が原因で転倒、ピアノの角に肋骨をぶつけてヒビ
●ケアマネジャーが服薬管理や精神面のケアで、訪問看護や居宅療養管理指導を導入
●社会参加のためのデイサービスを提案したが、体調の日内変動を理由に受け入れられず

【解決したい課題】
●ご本人に精神的安定をあたえたい
●訪問看護や居宅療養管理指導の導入で、服薬をキチンとし、排便コントロールができるように支援したい

【連携医と事例検討】
医師の話
多くの薬がそうであるように、「服薬を開始したからといって症状がすぐに改善することはない」と考えた方がよい。
レビー小体型認知症と診断されアリセプトなどの服薬を開始しても、症状の大きな改善は見られないだろう。ご家族を含め病識の情報を共有し、今後、何を大切にして生きていくかをすり合わせしてはどうか?

その他

日内変更のあるご本人の不安をあおらないよう、ヘルパーは否定的な発言を避ける。
幻視や不安の訴えも病気から来るものであることを理解し、傾聴する姿勢を忘れないこと。
訪問看護を導入し精神的な安定が可能になれば、入浴を増やすなどもよいかもしれない。

ご提案
ご本人の不安を取り除くために、医療的な相談窓口・医師やケアマネジャーとのパイプ役としての訪問看護の導入。
※不安時にケアマネジャーやヘルパーに連絡しても、医療的アドバイスは難しいことを理解していただく。

【今回の気付き】
介護側として困るのは、「医療や薬で『なんとかなるはず」』と思いがちであるが一概にそうではない」ということです。
状況に応じたタイミングでご利用者のニーズを適宜くみ取り、優先順位を定めてケアをしていくことの重要性を考えます。


メールフォーム 求人へ応募する 資料請求する 問い合わせする