介護の事例

在宅介護 やさしい手


やさしい手トップ >  介護の事例 >  デイサービスのご利用事例

デイサービスのご利用事例

昔のように活気のある生活を送ってほしい・89歳男性・要介護度1

【ご利用者の情報】
[疾患]認知症・肺気腫・膀胱ガン
[ご本人・ご家族の希望]
●自宅で薬がきっちり飲めていない
●もう90歳近いので、人の目のある所で安全に入浴してほしい
●昔のように毎日の生活に楽しみをもってほしい

【デイを利用する経緯】
意欲もなく、ご自宅で寝ていることが多くなり、引きこもり気味になってきている。
旅行や外食がお好きな性格だったので、昔のように楽しみを持った毎日を送ってほしいというご家族のご希望によりご利用が決まる。

【サービス内容】
●送迎時の食後薬服薬のお声かけ、昼食後薬の服薬の訓練
●入浴見守りの実施
●趣味活動を行うことでの意欲向上
●転倒予防体操の実施により筋力の維持向上を目指す
●外出イベントへの参加の積極的なうながし

【サービス開始後のご様子】
●来所拒否が強く、寝ているご本人の部屋へお邪魔し、説得をするところから始める
●送迎時にお薬カレンダーにセットされているお薬確認をすると、服薬がきちんとできていない
●昼食後薬の訓練について、食事提供前に食後薬があるので、職員に向けて声をかけていただくようにお願いしているが忘れていることが多い
●ADL的には見守りとお声かけにて実施可能。拒否があり入浴実施にも説得が必要
●趣味活動に関して、カラオケやトランプゲームを実施して他のご利用者との交流を図る
●転倒予防体操には積極に参加してくださり、熱心に取り組まれる
●外出イベントや施設内でのイベントに関しても積極的に参加してくださる

【現在のご様子】
●送迎時:
朝食後薬を服薬し、送迎時間には玄関の上り口で待っていてくださるようになりました
●服薬について:
昼食後にお声かけしなくても、ご自分でお薬を取りに来てくださるようになりました
●ご自宅での服薬に関して:
まだ飲み忘れや日付を飛ばして飲んでしまわれることはあるが、以前に比べてできるようになりました
●デイサービスでの入浴に関して:
施設でできたお友達からのお声かけや、アクティビティが始まる前にお声かけをすると、すすんで入ってくださるようになりました
●体操やアクティビティに関して:
以前と変わらず楽しまれており、アクティビティ道具の準備や片づけまで積極的にお手伝いしてくださるようになりました
●外出イベントに関して:
以前は車で色々な所に出かけられており、その時の思い出話しや、外出イベントの際のルートを聞く相談役になってくださるようにもなりました

昔の体力を取り戻しデイサービス卒業!!・82歳女性・要介護度2

【ご利用者の情報】
[疾患]アルツハイマー型認知症・腰痛・右足関節骨折
[ご本人・ご家族の希望]
●昔みたいに歩きたい
●安心して入浴したい
●ご家族と電車で温泉に行きたい

【デイを利用する経緯】
自宅にて転倒され、右足関節部を骨折し、ご入院される。
入院中、ベッド上での生活が多くなり、認知症が進行する。
認知症進行の予防と歩行の改善を目的とし、デイサービスのご利用となる。

【サービス内容】
●入浴の実施
●趣味活動を行うことでの意欲向上
●介護予防体操の実施により筋力の維持向上を目指す
●個別機能訓練加算Ⅰを算定し、歩行訓練や右足に体重をかける訓練の実施
●個別機能訓練加算Ⅱを算定し、自宅で入浴するためのトレーニングの実施

【サービス開始後のご様子】
●入浴については、またぎ・棒体操にて着脱の動きの訓練を行い、ほぼ見守りにて入浴可能となる
●歩行については、個別Ⅰにての訓練・個別Ⅱの日常動作へのアプローチにて歩行が安定してきたため、電車にて近隣への外出を行う
●歩行の改善には意欲的で、平行棒や杖にての歩行訓練を積極的に行い、現在は外出も杖歩行となる

【デイ卒業】
●ご本人より褥瘡が完治しうれしいと喜んでおられました。
●デイサービスで筋力向上体操などを行うことで自宅で入浴ができるようになる。
また、趣味の自転車にも乗れるようになり、お一人でお出かけされるまでになりました。
●趣味の家庭菜園もご自宅で再開。現在はイチゴを作っているとのことです。

以上のことから、家でやれることが多くなったため、お申し出があり、ご家族・ケアマネージャー同意の元、デイサービスからの卒業となりました。

入院前のように自分の足で歩きたい・82歳・男性・要介護度3

【ご利用者の情報】
[疾患]リンパ腫関連血球貧食症症候群・高血圧・糖尿病・総胆管結石
[世帯区分]自宅で奥様と2人暮らし
[ご本人・ご家族の希望]
●入院前のように自分の足で歩きたい
●また車を運転したい
●大好きなお風呂にゆっくりと入りたい

【デイを利用する経緯】
お車を運転し奥様のご通院の送迎をされていたが、3年前に悪性リンパ腫を発症され、ご入院となる。
6か月後に退院のご予定となるも、ご自宅での入浴が困難なため、デイサービスのご利用が検討される。
ご利用に際し、ご自宅前には18段の階段があり、その階段を、講習を受けた職員が操作する昇降機に乗って昇り降りをしていただく必要があるため、その受入れが可能な当施設のご利用が決定する。

【サービス内容】
●入浴での清潔保持と全身観察、自立した入浴動作を行うための関節可動域の拡大訓練
●杖を使用しながら安定した歩行ができるよう、上下肢筋力の維持向上のリハビリ
●定期的な外出により、ご本人と奥様の気分転換ができるお時間をつくる

【課題と対策】
[課題]
①お一人でも階段の昇降をされることがあり、その際、ヒザ折れや踏み外しのリスクがある。
また杖歩行の際、不安定さがあるため、転倒のリスクがある。
②ご自宅で入浴がしたい。

[対策]
①下肢筋力の維持向上を目的とした体操・機能訓練を実施し、歩行状況や段差昇降の向上を図る。
②アセスメント訪問を行い、ご自宅の浴室環境を確認。それに合った入浴方法の指導や、福祉用具の提案を行う。

清潔保持を図りながら在宅生活を続けたい!・76歳男性・要介護5

【ご利用者の情報】
[疾患]褥瘡
[ご本人・ご家族の希望]
●住み慣れたご自宅でずっと暮らしたい
●定期的にデイサービスへ通い、入浴をしてもらいたい
●車イスで座位を保てるようになってもらいたい
●会話を楽しんでもらいたい

【私たちの想いとご提案内容】
●褥瘡状態を軽減させるため入浴での清潔保持
●ベッドではなくフロアーでお過ごしいただき、スタッフや他のご利用者との会話や将棋を楽しむ
●座位や立位の保持訓練を実施して、生活・身体機能の維持・向上をはかる

【退院に向けての連携】
●ご自宅の環境調査に同行し、退院に向けて用具や訪問診療先を選定
●入院中にケアマネジャー・看護介護職員と訪問し、担当の言語聴覚士から嚥下の状態や介助方法等について助言をもらう
●退院前カンファレンスで退院に向けての情報共有を行う

【提案後のサービス状況】
自力で立位保持ができるようになられました。褥瘡が軽快し、それにともなってデイサービスのアクティビティーにも積極的に参加される様になり、他のご利用者との交流も深まっております。

【考察とこれから…】
デイサービスに通うようになってから褥瘡の状態もよくなり、筋力の維持・向上につながってきています。
ご本人・ご家族・ケアマネージャーからの「夢や希望」をかなえられる施設を目指しています。
また退院後は、機能訓練を通し、医師・訪問看護・在宅医師との疾患についての情報共有をはかりながら、在宅生活が継続できるようご支援します。


メールフォーム 求人へ応募する 資料請求する 問い合わせする