看護小規模多機能「かえりえ」

在宅介護 やさしい手


やさしい手トップ >  看護小規模多機能「かえりえ」 >  サービスのご利用事例①

サービスのご利用事例①

Aさん  女性  70歳  要介護度4

自宅で家族に囲まれ生活を送っていたが、突然倒れ入院することになり
3ヶ月の入院の末、胃ろうになる。家族は初めての事で対応に不安を感じている中、病院から退院するよう言われる。退院後の対応についてソーシャルワーカーに相談した際に看護小規模多機能型居宅介護サービスを勧められる。
【ご本人の希望】
施設への入所はしたくない。家で家族と過ごしたいが迷惑はかけたくない。
【ご家族の希望】
本人も在宅で過ごすことを希望しているので、家で面倒を見たいと思ってはいるが
              胃ろう処置に不安がある。

ご提案サービス内容

・家族での胃ろう処置が難しい為、週に5回通所と通所後の宿泊を利用
・通所を利用しない土日は訪問介護、訪問看護を利用し胃ろうの処置を実施

退院直後のご様子

ご本人も最初は慣れない環境で4日間宿泊する事に戸惑っていましたが、顔なじみのスタッフや看護師が日々対応してくれる事や日中は通所で他ご利用者との関わりができ安定したサービスを受ける事ができました。
土日には在宅で家族との時間を作りながら看護師が胃ろうの処置をしに来てくれる為、本人も家族も安心しています。

退院直後週間サービスプラン

サービス開始2ヶ月後…

家族も胃ろうの処置に慣れた為、通所の回数を2回に減らしAさんは在宅で家族といる時間が増え、入院前と大差ない生活に戻ることができました!!

2ヶ月後週間サービスプラン


メールフォーム 求人へ応募する 資料請求する 問い合わせする