コロナウィルス対策【ヘルパー用】

在宅介護 やさしい手


やさしい手トップ >  コロナウィルス対策【ヘルパー用】 >  新型コロナウイルス含めた感染症に関するサービス対応について

新型コロナウイルス含めた感染症に関するサービス対応について

居宅介護支援サービス

1.従業員対応

【1.1. 出勤前の健康チェック】
自宅にて検温と健康状態の確認を確実に実施し、発熱(37.5度以上)時には自宅待機としています。
【1.2. 出勤時】
事業所入口で手指の消毒を行い、入室後うがい手洗い等始業準備を行います。
【1.3. 職員外出時】
職員は定期訪問時やサービス担当者会議等でご自宅を訪問する際はマスクを着用し、媒介となることを防ぎます。
外出後は、出勤時に準じ、手指の消毒を行い、うがい・手洗いを実施します。
【1.4. 教育・訓練の徹底】
ケアマネジャーには定期的な事業所研修を行い、感染予防に努めております。

2.定期訪問対応

【2.1. ご自宅訪問時について】
定期訪問またはサービス担当者会議でご自宅を訪問する場合は、ケアマネジャーよりご利用者の体調について、ご様子を確認させていただきます。
※体温測定をご提案する際は、ご利用者宅の体温計を使用させていただきます。
【2.2. 発熱(37.5度以上)が確認された場合】
ご家族や緊急連絡先に報告し、かかりつけ医/主治医と連携し、指示を仰ぎます。
【2.3. 発熱(37.5度以上)に加え、新型コロナウィルスの諸症状(乾咳・だるさ)が見受けられた場合】
ご家族や緊急連絡先に報告し、かかりつけ医/主治医の指示を仰ぎ、サービス事業所等と連携し、適切なサービス提供が出来るようにいたします。
【2.4. かかりつけ医について】
今後、通院時の感染リスクを踏まえ、訪問診療をご提案させていただく場合がございます。
※訪問診療とは、ご自宅に医師が定期的に出向き健康管理を行うとともに、体調不良時など必要に応じて往診などを行う仕組みです。
【2.5. マスク着用について】
  • 介護支援専門員はご利用者様訪問時はマスクを着用し、媒介となることを防ぎます。
  • ご利用者様に新型コロナウィルスの諸症状が見受けられた場合は、マスク着用をお願いします。

訪問介護サービス

1.従業員対応

【1.1. 出勤前の健康チェック】
自宅にて検温と健康状態の確認を確実に実施し、発熱(37.5度以上)時には自宅待機とします。
【1.2. 出勤時】
事業所入口で手指の消毒を行い、入室後うがい手洗い、着替え等の始業準備を行います。
【1.3. 職員外出時】
職員はサービス提供時にマスクを着用し、媒介となることを防ぎます。
外出後は、出勤時に準じ、手指の消毒を行い、うがい・手洗いを実施します。
【1.4. 教育・訓練の徹底】
訪問介護員に対しては、マスク、消毒液、手袋などの衛生用品を支給するとともに、定期的な事業所研修を行い、感染予防に努めております。

2.サービス対応

【2.1. 訪問時について】
サービス訪問時は、訪問介護員よりご利用者に検温のお願いをしております。
※ご利用者宅の体温計を使用させていただきます。
【2.2. 発熱(37.5度以上)が確認された場合】
担当ケアマネジャーに報告し、かかりつけ医/主治医と連携し、指示を仰ぎます。
【2.3. 発熱(37.5度以上)に加え、新型コロナウィルスの諸症状が見受けられた場合】
  • 担当ケアマネジャーに報告し、かかりつけ医/主治医と連携し、指示を仰ぎます。
  • 必要により、訪問サービスを提供させて頂く際、訪問する職員には、予防衣を着用させて頂きます。
  • サービス提供の際、着用させて頂きます予防着につきましては、ご自宅内で破棄をさせて頂く様にお願いいたします。
【2.4. かかりつけ医について】
今後、通院時の感染リスクを踏まえ、訪問診療をご提案させていただく場合がございます。
※訪問診療とは、ご自宅に医師が定期的に出向き健康管理を行うとともに、体調不良時など必要に応じて往診などを行う仕組みです。
【2.5. マスク着用について】
  • 職員はサービス提供時にマスクを着用し、媒介となることを防ぎます。
  • ご利用者に新型コロナウィルスの諸症状が見受けられた場合は、マスク着用をお願いします。

1.従業員対応

【1.1. 出勤前健康チェック】
自宅にて検温と健康状態の確認を確実に実施する。
【1.2. 出勤時】
事業所入口で、手指の消毒を行い、速やかにマスクを着用する。
洗面台で手洗い・消毒・うがいの後、着替え等の始業準備を行う。
【1.3. マスク着用】
出勤時から退勤時まで、マスクを着用する。
【1.4. 職員外出後】
上記1.2.出勤時に準じ、うがい・手洗い・消毒を実施する。
【1.5. 事業所の入館制限】
外部からの感染を防ぐため、職員・利用者(サービス付き高齢者向け賃貸住宅・看護小規模機能は利用者ご家族含む)以外の出入りは禁止する。
原則として、職員・利用者以外の入室は禁じます。
入室を許可する場合は上記1.2.に順じ、対応をし、マスク着用を徹底する。
感染症対策ご協力のおねがい
【1.6. 教育・訓練の徹底】
始業時及び終業時に、感染症予防に関する情報提供を「うがい・手洗い励行」の啓発と「感染症発生時の対応」を中心に行う。

2.サービス対応

【2.1.ご利用者の健康状態の把握について】
不織布製マスクによって、健常者のウイルス吸い込みを防げるという科学的根拠がないことから、ご利用者様のマスク着用は新型コロナウイルスを含めた感染症の諸症状があった方のみとする。
2.1.1. 迎車時
送迎車乗車前に感染症諸症状の有無について、口頭で確認を行う。
諸症状のうち、発熱があった場合は、利用中止のご説明をする。
その他、症状の場合は速やかにマスク着用をして頂き、ご乗車頂く。
2.1.2. 到着時
事業所入口で、手指消毒を実施する。
その後、洗面台へ誘導し、手洗い・消毒・うがいを実施する。
2.1.3. 健康状態の把握
通常のバイタルチェックのほか、感染症諸症状の有無について、再度口頭で確認を行う。
発熱以外の感染症諸症状が確認された際はご利用者にマスクを着用して頂いく。
発熱時は、医療機関または相談センターへ相談する。
2.1.4. 飲食時
飲食前には必ずうがい・手洗い・消毒を実施する。
また食事介助を行う場合は対面での対応を極力避ける。
【2.2. 設備・備品の消毒】
アルコール系消毒剤で各設備・備品の消毒を実施する。
消毒の際は、噴霧は極力避け、拭き取りとする。
ドアノブやスイッチなど手指がよくふれる箇所の消毒喚起、共用部分の清掃や消毒などの衛生管理を実施する。
2.2.1. 事業所内備品
ご利用者到着時までに、ご利用者が直接触れる可能性のある設備・備品について、消毒を実施する。
2.2.2. 送迎車
ご利用者乗車前(朝・帰り)に、ご利用者が直接触れる可能性のある部位について消毒を実施する。
【2.3. サービス内容】
外出プログラム・イベントについては当面の間、中止・延期する。
再開時期については、情報収集のうえ判断する。

通所介護サービス「ゆめふる」ご利用の皆様へご協力のお願い

⑴ご利用者のご来所前検温の実施
ゆめふるの職員がお迎えに伺う前に、ご自宅で検温をお願い申し上げます。37.5℃以上の発熱を認められた場合には、当日のご利用はご遠慮頂くこととなります。
お迎えに伺う前に37.5℃以上の発熱が認められた場合お手数ではございますが、検温結果について店舗までご連絡をお願い申し上げます。
※お独り暮らしで検温の難しいご利用者については職員がお迎えに伺った際、乗車前に検温させていただきます。
⑵ご利用者のご乗車前検温の実施
ご自宅での検温とは別にゆめふるの職員がお迎えに上がった際、ご乗車いただく前に検温をさせていただきます。
37.5℃以上の発熱を認めた場合は、当日のご利用はお控え頂くこととなります。
⑶ご利用者のご来所の可/不可の判断
発熱が認められた場合には、解熱剤を使わない状態で、解熱した上で解熱後24時間以上経過し、呼吸器症状(咳など)が改善するまでは、ご利用いただけません。
⑷ご来客時の対応基準
ゆめふるでは全店的にご利用者・ご家族以外の方の入館制限を設けています。またご利用者やご家族含むが、ゆめふるの館内に入られる場合は、体温測定・手指の消毒の徹底をお願いしています。37.5℃以上の発熱を認めた方につきましては入館についてはお控え頂きます。
なお、ゆめふるの職員につきましては、出勤前の検温・うがい・手洗い・手指消毒の実施およびマスク着用をしてでの業務従事で感染防止対策を取らせていただいております。
またこれまで定期的に実施していた外出を伴うイベント等は、感染を否定できない不特定多数の方との交流が生じ、ご利用者にとってのリスクが高いと判断し一時的に中止しております。

感染拡大防止に努めるため、
以上につきまして皆様のご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

詳しくはこちらをご確認ください。

短期入所生活介護サービス

1.従業員対応

【1.1. 出勤前の健康チェック】
自宅、または事業所の入口で検温と健康状態の確認を確実に実施します。
発熱(37.5度以上)が確認された場合は自宅待機とします。
【1.2. 出勤時】
事業所入口にて手指の消毒を行い、速やかにマスクを着用します。
洗面台で手洗い・消毒・うがいの後、着替え等の始業準備を行います。
マスクは退勤時まで常時着用します。
【1.3. 事業所の入館制限】
外部からの感染を防ぐため、職員・利用者(医療関係者、理美容業者)以外の出入りは禁止します。
入室を許可する場合は検温の上、手洗い・うがい・手指消毒を行い、マスクの着用を徹底します。
感染症対策ご協力のお願いを関係者の方に通知致します。
【1.4. 教育・訓練の徹底】
始業時及び終業時に、感染症予防に関する情報提供として「うがい・手洗い励行」の啓発と「感染症発生時の対応」を中心に行います。

2.サービス対応

【2.1. ご利用者の健康状態の把握について】
2.1.1. 迎車時(上板橋のみ)
送迎車乗車前に感染症諸症状の有無について、口頭で確認を行います。
諸症状のうち、発熱があった場合はご利用中止のご説明をいたします。
その他の症状の場合は速やかにマスクを着用して頂きご乗車頂きます。
2.1.2. 到着時
ゆめてらす入口で手指消毒を実施いたします。
その後、洗面台へ誘導し手洗い・消毒・うがいを実施します。
2.1.3. 健康状態の把握
チェックイン当日、自宅にて検温をして頂き、37度以上の発熱があるときは、連絡を頂き健康状態の確認をさせて頂きます。ゆめてらす到着時、通常のバイタルチェックのほか、感染症の諸症状の有無について再度口頭で確認を行います。
37.5度以上の発熱があるときは、ご自宅にて経過観察をして頂きます。
発熱以外の感染症の諸症状が確認された際はご利用者にマスクを着用して頂きます。
発熱時は、ご家族様に連絡し、医療機関または相談センターへ相談します。
2.1.4. ご利用中に発熱(37.5度以上)を確認した場合の対応
ご利用中に発熱(37.5度以上)を確認した場合については、原則、他のお客様との接触が生じない居室において、個別の対応を実施し、ご家族様に連絡の上、送迎(上板橋のみ)又はお迎えにきて頂きます。
ご利用者にはマスクの着用についてご協力をお願いいたします。
また、職員が宿泊室へ訪問する際には必ず予防衣を着用し、サービス提供させていただきます。使用した予防衣の持ち出しは、感染拡大防止のため、宿泊室内にて破棄させていただきます。
2.1.5. 飲食時
飲食前には必ず手洗い・消毒を実施します。
また、食事介助を行う場合は対面での対応を極力避けて行います。
【2.2. 設備・備品の消毒・換気】
アルコール系消毒剤で各設備・備品の消毒を実施します。消毒の際は、噴霧は極力避け、拭き取りとします。
ドアノブやスイッチなど手指がよくふれる箇所の消毒喚起、共用部分の清掃や消毒などの衛生管理を実施します。
2.2.1. 事業所内備品
ご利用者到着時までに、ご利用者が直接触れる可能性のある設備・備品について、消毒を実施します。
2.2.2. 事業所内換気
時間を決め、リビングなどの共有部分、居室の換気を行います。
2.2.3. 送迎車(ゆめてらす上板橋のみ)
ご利用者乗車前(朝・帰り)に、ご利用者が直接触れる可能性のある部位について消毒の実施、換気を致します。

看護小規模多機能型居宅介護サービス・
小規模多機能型居宅介護サービス

1.従業員対応

【1.1. 出勤前の健康チェック】
毎朝自宅にて、検温と健康状態の確認を行います。
発熱(37.5度以上)が確認された場合には、自宅待機とします。
【1.2. 出勤時】
業所入口で手指の消毒を行い、入室後うがい手洗い、着替え等の始業準備を行います。
【1.3. マスクの着用】
必ずマスクを着用し、職員がウィルスの媒介となることを防ぎます。

2.定期訪問対応

【2.1. 毎日の健康管理】
  • 毎日、朝晩の検温と健康状態の確認にご協力をお願いいたします。
    (ご自身での毎日の検温が難しいお客様につきましては、弊社職員が訪問した際に検温を実施いたします)
  • 発熱(37.5度以上)が確認された場合には、事業所へのご連絡をお願いいたします。
  • 発熱(37.5度以上)が確認された場合には、当日の「通いサービス」と「宿泊サービス」のご利用はお控えていただいております。
  • その場合には、必要に応じて、訪問サービスへの切り替えをご提案させていただきます。
  • 訪問サービスへの切り替えを行った場合には、感染拡大防止のため、1日の中で一番最後に訪問させていただくことについてもご相談させていただきます。
  • 発熱時(37.5度以上)に訪問サービスを行う場合においては、職員は予防衣を着用させていただきます。
  • 使用した予防衣の持ち出しは、感染拡大防止のため、お客様のご自宅内での破棄について、ご協力をお願いいたします。
【2.2. 通い・宿泊サービスのご利用について】
  • 職員は、送迎にお伺いさせていただく際には、必ず体温計を持参します。
  • 送迎前に、職員による検温を実施させていただきます。
  • 送迎車輛には、食毒液を常備しておりますので、乗車時にはお客様にも手指消毒のご協力をお願いしております。
  • 車内の換気を行うため、可能な限り窓を開けて換気しながらの走行を行います。
  • 事業所へ到着後は、入館にあたり、お客様にも手洗い、うがい、手指消毒のご協力をお願いしております。
  • お食事前、アクティビティ後、退館時等、定期的な手指消毒をいたします。
【2.3. 館内の消毒及び換気】
  • 館内の換気は、1時間おきに実施します。
  • 館内の共用部(手すり・トイレ出入口・浴室出入口・椅子・テーブル・ベッド柵・PC・キーボード・マウス・スマホ等)、日常的に触れる箇所については、1日2回の定期消毒を実施します。
  • 送迎車輛につきましても、送迎前と送迎後に車内の消毒を行います。
【2.4. 通い及び宿泊中に発熱(37.5度以上)を確認した場合の対応】
  • 通い及び宿泊中に発熱(37.5度以上)を確認した場合については、宿泊室を活用し、原則、他のお客様との接触が生じない場所において、個別の対応を実施いたします。
  • ご利用者にはマスクの着用について、ご協力をお願いいたします。
  • また、職員が宿泊室へ訪問する際には、必ず予防衣を着用し、サービス提供させていただきます。
  • 使用した予防衣の持ち出しは、感染拡大防止のため、宿泊室内で破棄させていただきます。

療養通所介護サービス

1.従業員対応

【1.1. 出勤前の健康チェック】
自宅にて検温と健康状態の確認を確実に実施し、発熱(37.5度以上)時には自宅待機とします。
【1.2. 出勤時】
出勤前の検温・うがい・手洗い・手指消毒の実施およびマスク着用をして業務従事で感染防止対策を取らせていただいております
【1.3. 教育・訓練の徹底】
マスク、消毒液、手袋などの衛生用品を支給するとともに、定期的な事業所研修を行い、感染予防に努めております。

2.サービス対応

【2.1. ご利用者の健康状態の把握について】
2.1.1. ご利用当日
職員がお迎えに伺う前に、ご自宅で検温をお願い申し上げます。37.5℃以上の発熱を認められた場合には、主治医と相談し当日のご利用はご遠慮頂くことがあります。
お迎えに伺う前に37.5℃以上の発熱が認められた場合お手数ではございますが、検温結果について店舗までご連絡をお願い申し上げます。
※お独り暮らしで検温の難しいご利用者については職員がお迎えに伺った際に検温させていただきます。
2.1.2. 送迎時
ご自宅での検温とは別に職員がお迎えに上がった際、ご乗車いただく前に検温をさせていただきます。 37.5℃以上の発熱を認めた場合は、当日のご利用はお控え頂くことがあります。

3.ご利用者のご来所の可/不可の判断

発熱が認められた場合には、解熱剤を使わない状態で、解熱した上で解熱後24時間以上経過し、呼吸器症状(咳など)が改善するまでは、ご利用をお控え頂きます。

4.ご来客時の対応基準

療養通所では全店にてご利用者・ご家族以外の方の入館制限を設けています。またご利用者(ご家族含む)が、かえりえの館内に入られる場合は、体温測定・手指の消毒の徹底をお願いしています。37.5℃以上の発熱を認めた方につきましては入館についてはお控え頂きます。
その他今後の感染状況や公的機関からの要請により対応を変更する場合があります。予めご了承ください。

感染拡大防止に努めるため、
以上につきまして皆様のご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

訪問看護サービス

1.従業員対応

【1.1. 出勤前の健康チェック】
自宅にて検温と健康状態の確認を確実に実施し、発熱(37.5度以上)時には自宅待機としています。
【1.2. 出勤時】
事業所入口で手指の消毒を行い、入室後うがい手洗い、着替え等の始業準備を行います。
【1.3. 職員外出時】
職員はサービス提供時にマスクを着用し、媒介となることを防ぎます。
外出後は、手指の消毒を行い、うがい・手洗いを実施します。
【1.4. 教育・訓練の徹底】
職員に対しては、マスク、消毒液、手袋などの衛生用品を支給するとともに、定期的な事業所研修を行い、感染予防に努めております。

2.サービス対応

【2.1. サービス訪問時について】
サービス訪問時は、職員よりご利用者に検温のお願いをしております。
※ご利用者宅の体温計を使用させていただきます。
【2.2. 発熱(37.5度以上)が確認された場合】
  • かかりつけ医/主治医、担当ケアマネジャーに報告連携し、指示を仰ぎます。
  • サービス提供の際、職員は予防衣等を着用致させて頂きます。
  • サービス提供後、予防衣等につきましては、ご利用者宅で破棄をお願い致します。
【2.3. かかりつけ医について】
今後、通院時の感染リスクを踏まえ、訪問診療をご提案させていただく場合がございます。
※訪問診療とは、ご自宅に医師が定期的に診療にお伺いし、計画的に健康管理を行うものです。定期訪問に加え、緊急時には必要に応じて臨時往診を行います。
【2.4. マスク着用について】
  • 職員はサービス提供時にマスクを着用し、媒介となることを防ぎます。
  • ご利用者に新型コロナウィルスの諸症状が見受けられた場合は、マスク着用をお願いします。

サービス付き高齢者向け住宅・
住宅型有料老人ホーム

1.従業員対応

【1.1. 出勤前の健康チェック】
自宅にて検温と健康状態の確認を確実に実施し、発熱(37.5度以上)時には自宅待機としています。
【1.2. 出勤時】
職員はサービス提供時にマスクを着用し、媒介となることを防ぎます。
外出後は、出勤時に準じ、手指の消毒を行い、うがい・手洗いを実施する。
【1.3. 職員外出時】
職員は定期訪問時やサービス担当者会議等でご自宅を訪問する際はマスクを着用し、媒介となることを防ぎます。
外出後は、出勤時に準じ、手指の消毒を行い、うがい・手洗いを実施します。
【1.4. 教育・訓練の徹底】
訪問介護員に対しては、 マスク、消毒液、手袋などの衛生用品を支給するとともに、定期的な事業所研修を行い、感染予防に努めております。

2.定期訪問対応

【2.1. サービス訪問時について】
サービス訪問時は、訪問介護員より検温のお願いをしております。
【2.2. 発熱(37.5度以上)が確認された場合】
担当ケアマネジャーに報告し、かかりつけ医/主治医と連携し、指示を仰ぎます。
【2.3. 発熱(37.5度以上)に加え、新型コロナウィルスの諸症状が見受けられた場合】
  • 担当ケアマネジャーに報告し、かかりつけ医/主治医と連携し、指示を仰ぎます。
  • 必要により、訪問サービスを提供させて頂く際、訪問する職員には、予防衣を着用させて頂きます。
  • サービス提供の際、着用させて頂きます予防着につきましては、ご自宅内で破棄をさせて頂く様にお願いいたします。
【2.4. かかりつけ医について】
今後、通院時の感染リスクを踏まえ、訪問診療をご提案させていただく場合がございます。
※訪問診療とは、ご自宅に医師が定期的に出向き健康管理を行うとともに、体調不良時など必要に応じて往診などを行う仕組みです。
【2.5. マスク着用について】
  • 職員はサービス提供時にマスクを着用し、媒介となることを防ぎます。
  • ご利用者に新型コロナウィルスの諸症状が見受けられた場合は、マスク着用をお願いします。

ご利用の皆様へご協力のお願い

⑴ご入居者様の毎朝の検温の実施
  • 毎朝の検温測定を実施し記録をいたします。
  • 検温時に、37.5℃以上の発熱が認めらた場合には、居室にて安静にしていただき、食事等に関しても、居室にて実施いただきます。
  • 発熱(37.5度以上)に加え症状が重い場合や、症状が続く場合、また、新型コロナウィルスの諸症状が見受けられた場合、ご家族様及び担当ケアマネジャーに報告し、かかりつけ医/主治医と連携し、指示を仰ぎます。
⑵アクティビティやイベントなどの開催について
  • 大人数でのアクティビティやイベントについては開催を控えます。
  • 少人数でのアクティビティやイベントを開催する場合は、感染予防(手指消毒、手洗い、うがい、マスク、検温)を徹底いたします。
  • 少人数である場合でも、外出アクティビティの開催は控えます。
⑶棟内における消毒と換気について
  • 手の触れる個所(ドアノブ、スイッチ類、手すり、洗面、便座、流水レバー等)の消毒を必要に応じて実施いたします。
  • 食事前のテーブル、椅子などの消毒を随時必要に応じて実施いたします。
  • 棟内の換気を随時必要に応じ実施いたします。
⑷建物への入館規制について
  • 来訪・面会規制を解除いたします。ご家族含め、どなたでも来訪・面会が可能となります。
  • エントランスでの手指消毒ならびに体温測定を必須とさせていただきます。
  • 体温測定の際、発熱、または体温に関わらず倦怠感や風邪等の症状がある場合は、ご入館を控えていただくようお願いしております。
  • マスクの着用を必須とさせていただきます。(マスクはお手数ですが各自ご持参ください。)
  • 医療、介護サービス従事者は手指消毒、マスク着用により入館いただきます。
  • 宅配業者、配送業者等はエントランスにて住宅スタッフが受け取りをいたします。
  • 移動販売等は、エントランスにて対面の販売をお願いいたします。
感染症対策ご協力のおねがい「入館規制」について

メールフォーム 求人へ応募する 資料請求する 問い合わせする コンサルティング事業にお問合せする