高齢者住宅

在宅介護 やさしい手


やさしい手トップ >  高齢者住宅 >  『有料老人ホーム』との主な違い

『有料老人ホーム』との主な違い

『サービス付き高齢者向け住宅』と『有料老人ホーム』


《契約形態》
「サービス付き高齢者向け住宅」は、住居の権利が保障された上で、お食事や各種イベントなど自由にサービスを選択することができる賃貸住宅であり、住宅部分とサービスが別途利用契約を締結します。在宅での介護保険のサービスと同様の訪問介護サービスが利用できます。 それに対して「有料老人ホーム」は、住居とサービスが同一事業者によって提供される施設となります。

【サービス付き高齢者向け住宅】
・一般賃貸借契約と終身賃貸借契約があり、借家権が保障されます
・貸主に部屋を移動させられることはありません
・退去も自由ですので住み替えが可能です

【一般の有料老人ホーム】
・多くは利用権契約となります
・入居の際に一時金を支払います
・「居室と共用施設を利用する権利」と「介護や生活 支援サービスを受ける権利」が終身で保障されます
・施設の都合で部屋を移動させられる場合もあります
・住み替えは可能ですが初期償却が発生します

《入居時の費用》
「サービス付き高齢者向け住宅」は入居一時金が必要ありません。敷金のみですが低額に設定されています。
「有料老人ホーム」は、高額な入居一時金が必要になります(施設によって異なります)。

《介護サービス》
「サービス付き高齢者向け住宅」は在宅での介護保険のサービスと同様の訪問介護サービスが利用できます(別途利用料必要)。
「有料老人ホーム」は、サービスが含まれています(介護保険自己負担分あり)。


《「巡回訪問介護事業所」が併設》
やさしい手の「サービス付き高齢者向け住宅」には「巡回訪問介護事業所」が併設されております。
24時間365日、お一人お一人の1日のリズムに合わせてサービス提供が可能です。
お住まいならではの自由度の高い暮らしを継続しながら、必要に応じて介護保険で介護サービスをご利用いただけます。
『有料老人ホーム』とはここが違います!

《お食事》
◆サービス付き高齢者
 選択利用が可能ですので、お好きな時にお食事をお楽しみ頂けます(別途利用料が必要です)。

◆一般的な有料老人ホーム
 特定施設に限りますが、サービスに含まれています。

《プライバシー》
◆サービス付き高齢者
 住戸が完全に独立しているため、プライバシーが守られています。
◆一般的な有料老人ホーム
 見守りが重視されているために、門限や外出届等の管理体制が敷かれています。

《居室》
◆サービス付き高齢者
 
完全個室になります。居室内にトイレはございますが、浴室・キッチンは共有になります。

◆一般的な有料老人ホーム
 完全個室になります。浴室・キッチンは共同使用になります。

《生活相談》
◆サービス付き高齢者
 病気や身体状況、ご希望を踏まえた上でお一人お一人、その方らしく在宅としての生活を
 送っていただけることを目指します。

◆一般的な有料老人ホーム
 主に介護に関するご相談に対応いたします。

《生活スタイル》
◆サービス付き高齢者
 ご自宅と同じ生活ができ、いつでもご家族やご友人の訪問・外出が可能です。

◆一般的な有料老人ホーム
 外出や訪問は許可申請等で管理されています。

《介護サービス》
◆サービス付き高齢者
 
24時間安心のサポート付きです。緊急対応(ケアコール)が利用できます。

◆一般的な有料老人ホーム
 各ホームで自由に設定できます。

 ※ご注意
今までご案内させて頂いたサービス付き高齢者向け住宅と一般的な有料老人ホームの比較に関しましては、一般的な比較になりますので、くわしい情報につきましては、各ホーム・施設・物件に直接お尋ねください。 .

今回のイチオシ物件はこちら!

サービス付き高齢者向け住宅 「センチュリーテラス新柏」
♪センチュリーテラス新柏のおすすめポイント♪

1.大好評ご夫婦部屋
センチュリーテラス新柏には2人で過ごせるご夫婦部屋があり、別部屋になることを懸念されていたお客様にご好評いただいております。
ご夫婦様だけでなく、ご兄弟・ご姉妹でもご入居いただけます。

2.おいしい食事
バラエティーに富んだメニューで、飽きることなく美味しく召し上がっていただけます。
オプションで減塩食、カロリーコントロール食、たんぱく質制限食なども対応可能です。

3.豊富なイベント
毎日楽しくお過ごしいただけるよう、外部ゲストや食事イベントなど多数開催しております。
また皆様、他のご入居様との交流も積極的に楽しまれています。
 

メールフォーム 求人へ応募する 資料請求する 問い合わせする